【すぐできる】楽天カードの申請手順《楽天経済圏》

こんにちは!楽天経済圏の住人のIChi@です。

楽天カードを作りたいけど

どうすれば良いの?

って方のために、楽天カードの申請手順を解説します。

楽天経済圏を有効活用するには無くてはならないカードです。

クレジットカードを作りたくない方以外は持っていて損はありません。

楽天経済圏の活用するメリットは以下の記事で解説しています▼

楽天カードとは

楽天カード
出典:楽天カード

楽天カードは日本で一番使われているクレジットカードです。

楽天のクレジットカードは様々な種類がありますが、ここでは一番使われている「楽天カード」を紹介します。

年会費永年無料
還元率1%(100円につき1ポイント)
ブランドVisa/Mastercard/JCB/AmericanExpress
利用可能額最高100万円

このほかETCカード機能を付けたり楽天Edyを付けることもできます。

楽天カードの申請手順

申請手順は以下の次の4ステップです。

  1. 基本情報の入力
  2. 勤務先情報の入力
  3. 楽天会員登録情報の入力
  4. 登録内容の確認・同意

そして用意するものは以下の3つです。

  • 楽天会員ID
  • 銀行口座
  • 身分証明書

たったのこれだけです。

楽天カードの申請に合わせて会員登録も同時に手続きできます。

先に楽天会員登録を済ませたい方はこちらで登録手順を解説しています▼

楽天カードは18歳以上の方(高校生の方は除く)なら誰でも申請できます。

自身に収入の無い学生の方や専業主婦でも審査が通ります。

申請時の収入欄には、家庭の『世帯収入』の金額を入力してください。

家庭自体に収入があれば問題なく楽天カードを申込みすることができるので、この点だけ気をつけておきましょう!

以下で具体的な登録手順を解説します。

\ 無料楽天カード申し込みページはコチラ /

1.基本情報の入力

楽天カードの登録ページ(楽天カード)を開くと以下の画面が表示されます。

「楽天会員の方」又は「楽天会員でない方」のいずれかを選択して進めます。

楽天会員の方は先にログインしてから手続きが進みます。

楽天会員でない方は楽天会員登録も同時に手続きできます。

出典:楽天カード

楽天会員でない方は、次のページに移った際に楽天IDの有無を再度確認されます。

持っている方は「はい・・・」を選択して、楽天IDを入力してログインしてください。

楽天IDを持っていない方は「いいえ・・」を選択して進めてください。

その後、基本情報の入力画面が表示されます。

各項目を順に入力してください。

ブランド選択

タグから「Visa/Mastercard/JCB/AmericanExpress」のいずれかを選択してください。

私は加盟店が最も多いVisaを使っています。

普段使いにほぼ差は無いので、特別なこだわりが無ければVisaをおススメします。

各ブランドの特徴はコチラから▼

楽天カード(国際ブランド)

カード選択

次にカードを選択します。

楽天PINKカード(無料)は基本的なサービスは同じですが、女性特定疾病補償プランなど主に女性をターゲットとした有料オプションが付けられます。

オプションを付けなければサービスは同じなので、興味がある方は楽天PINKカードを選ぶのもアリです。

個人情報

確認しながら正確に入力してください。

嘘をつくとばれますし、審査に影響が出ます。

Edy機能

楽天カードに楽天Edyを付帯することができます。

通常、楽天Edyは発行手数料として300円がかかりますが、無料で付帯できるので付けておくことをおススメします。

機能自体は使わなくても問題ありません。

支払い口座の登録

カード利用代金の支払い口座を登録します。

ここでは金融機関を選択するのみで後のページで口座情報を登録します。

カード申請後に口座情報を登録・変更することも可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている方は、楽天銀行口座の登録をおススメします

楽天市場での買い物時にポイント還元率が+1倍となります。

カード申請後に楽天銀行口座を開設して、支払い口座に設定することもできますので、持っていなくても楽天口座を選択して進めることができます。

暗証番号

暗証番号を入力して基本情報の登録は終了となります。

暗証番号はカード利用時に度々必要になりますので忘れないようにしましょう。

推測される番号は避けた方が良いです。

2.勤務先情報の入力

続いて勤務先情報を入力していきます。

楽天カードの審査は機械での自動審査ですので、情報の誤りが無い限りほぼ職場に電話されることはありません。

3. 楽天会員登録情報の入力

楽天会員情報を確認してパスワードを入力して次へ進みます。

お支払い口座情報

先ほど選択した金融機関の口座情報を入力します。

そのまま登録を進める場合は「口座登録手続きに進む」を押して手続きしてください。

ここで金融機関の選択を変更することもできます。

また、口座情報を登録せずにカード申請することもできます

その場合、「入会後の口座手続きに変更する」を押してください。

4.登録内容の確認・同意

最後に登録内容を確認してください。

誤りがあれば下にスクロールすると項目ごとに修正できますので、確実にここで修正しましょう。

誤りが無ければ規約等に「同意する」にチェックを入れ、手続き完了を押してください。

以上で申請手続きは終了です。お疲れ様でした。

楽天カードの申し込みをする方はコチラから▼

楽天カード新規入会

楽天カードはいつ届く?

申請手続きが終わった後は審査が通れば、楽天カードが届きます。

楽天カードの審査時間は人によりますが、早い人で数十分、遅い人で1週間程度です。

当然、申請内容が良好で信用情報がクリアであれば審査は早く、信用情報に引っかかる場合は時間を要するという理由です。

審査が通ればカード発行手続き完了のメールがすぐに届きます。

その後、楽天カードお届けに関するお知らせメールが到着の前日を目安に届きます。

流れをまとめると次のとおりです。

  1. 楽天カード申し込み完了(当日)
  2. 審査完了(当日~1週間程度)
  3. 発行手続き完了メール着信(審査完了次第)
  4. カードが手元に届く前日目安でお知らせメール着信(完了メールから1週間程度)
  5. カードの受け取り

私の場合は、1時間以内に審査完了のメールが届き、1週間後にカードがきました。

審査通過の連絡が遅くて不安になった方はコチラから状況を確認することもできます▼

\ 無料楽天カード申し込みページはコチラ /

新規入会・利用特典をもらおう

楽天カードを受け取り後、入会・利用特典で5000ポイントがもらえます

内訳は新規入会特典で2000ポイント、初回利用で3000ポイントです。

しかし、手続きしないともらえないので以下で手続きを解説します。

出典:楽天カード
新規入会特典

ポイント獲得の流れは次のとおりです。

  1. カードを受け取る
  2. 楽天e-NAVI」又は「楽天カードアプリ」で登録を済ませる
  3. 「入会特典ポイントを受け取る」というバナーをクリックする

簡単にできますので、カードが届いたらすぐにやりましょう。

楽天カードアプリは、カード利用明細の確認や各種キャンペーンにエントリーする際に利用できますので是非インストールして利用することをおススメします。

初回利用特典

カード受け取り後、初回利用で3000ポイント獲得です。

ポイント獲得条件は次のとおりです。

  • 条件:1円以上の決裁で対象カード(楽天カード/楽天PINKカード)を利用
  • 期限:カードお申し込み日の翌月末まで

月末に申込した場合はあっという間に期限が来てしまいますので、カードが届いたらすぐに1円以上の決裁で利用することをおススメします。

利用加盟店によってはカード利用情報が翌月に処理されることがありますので注意しましょう。

期間限定ポイントに注意

上記の特典は期間限定ポイントで付与されます。

有効期限は、通常の楽天ポイントは1年ですが、期間限定ポイントは1か月程度です。

有効期限としていますので、過ぎてしまうと失効してしまいます。

ポイント集めに夢中になることなく、ポイントはしっかり使っていきましょう。

さらにお得なキャンペーンも

楽天カードのキャンペーンでは、過去には新規入会・初回利用特典が8000ポイントまで増えることがありました。

いつキャンペーンがあるかわかりません(無いかも)ので、使う予定がある人はキャンペーンを待つより早くカードを作って使い始めた方が良いと思います。

また家族や友人への紹介特典や付帯機能利用による特典ポイントなどもありますので、一度、開催中のキャンペーンを確認してみることをおススメします。

楽天カードのキャンペーンはHPから▼

クレジットカード選ぶなら楽天カード!

楽天経済圏で生活を少し豊かに

出典:Rakuten Card

楽天経済圏の活用はとってもお得です。

最初に手続きさえ済ませれば、電気・水道・ガスのインフラなどの固定費や日用品の買い物を楽天サービスに切り替えるだけで結構なポイントが還元されます。

いつ始めても遅いことはありません。

ほかに良いサービスができたらその時に乗り換えたら良いだけです。

皆さん、楽天経済圏を活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました