【生後1か月】育休1か月の振り返り《育休取って良かった》

こんにちは!子育てブロガーのIChi@です

三人目の子どもが生まれて育児休業を取得してブログを書いています。

今回は「育休1か月を振り返って感じたこと」をお伝えします。

正直、あっという間でした!

育休中の方やこれから育休を取得したい方の参考になれば嬉しいです。

育休一か月で感じたこと

まず最初に言いたいことは

育休を取って良かったー!!!

ということです。

育休を取って感じたことはいろいろありますが、その中でも特に皆さんにお伝えしたいことに3つに絞りました。

息子の成長

産まれたてと1か月の赤ちゃんは全然違いますね。

体重 3,618g ⇒約 5,000g

よく動くようになり、抱っこを要求し、大きな声で泣く。

赤ちゃんの成長は本当に早くて日に日に大きくなっていくのを目の当たりにできました。

妻への感謝

家事、育児はどんなことをやるか知っているのと実際にやってみるとでは全然違います。

やらないとわからない。本当に大変です!

正直、僕は育休前に想像していたよりはるかに「やらなくてはいけないこと」が多いです。

そして終わりがありません。

会社に行っていたときはすべて妻がやってくれていたと思うと、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

この苦労を理解するだけでも育休を取る価値はあります!

家族の時間

これまで仕事がある日は、朝が早く夜が遅い生活だったので、子ども達と触れ合うのはほぼ休みの日だけでした。

毎日、子供のお世話をしていると正直「大変だ」と思うこともたくさんありますが、同時にとても幸せな時間でもあります。

毎日触れ合っていないと気が付かないような小さな成長を感じることができます。

日に日にできることが増えていくのを実感できるのは育休中だけかもしれません。

家族のことがより一層深く知れる日々です。

まとめ

育休1か月を振り返りましたが、改めて

育休を取って良かったー!!!

という気持ちがまず1番です。

そしてまだまだ続く育休で妻を、家族を支えていきます!

現在育休中の方や今後、育休を取得したい方の背中を押せると良いなと思います。

タイトルとURLをコピーしました