【2022】沖縄移住の現実!移住5年目で感じたメリット・デメリットは?

こんにちは!子育てブロガーのIChi@です。

青い海、南国の気候、美味しいフルーツ、沖縄県民のあたたかさ・・・

沖縄に旅行で訪れたことがある人は

いつか『沖縄』に住んでみたいなぁ!!

と思う人も少なくないと思います。

でも実際に沖縄に移住した方は理想と現実の違いを痛感し数年で帰ってしまう人も多いようです。

そこで今回は「沖縄移住の現実」についてです。

これまで東京、北海道、広島などの移住を経て、現在沖縄に定住している私の実体験から沖縄移住のメリット・デメリットについてご紹介します。

ちなみに私は沖縄本島中部に移住して5年目になります

沖縄移住に興味がある人は是非、参考にしてみてください。

移住する前に考えておくべきこと

「沖縄移住」って何となくですが、

『都会のストレスから離れて綺麗な海に囲まれた南国でゆったりとした日々が送れる』

というイメージを持っている人も多いと思います。

でも実際には理想と現実は違います。

沖縄に限らず、移住する前には次の3つことをよく考えておく必要があります。

  1. 「旅行」と「日常生活」は違う
  2. イメージだけで考えない
  3. 家族とよく相談しておく

「旅先」と「日常生活」は違う

旅行では、観光地をまわってり美味しいグルメを食べたりと楽しいことがたくさんですが、実際に住んで生活するとそうはいきません。

移住前と同じように生活を送る上で必要な仕事や家事がありますし、当然ながら楽しいことばかりではありません。

イメージだけで考えない

「ゆったりとした時間が過ごせそう」「物価が安そう」「まわりの人が優しそう」など移住先のイメージをプラス思考で考えがちですが、移住した後にイメージと現実のギャップを感じる人も多いです。

イメージで決めつけないで事前によく調べておきましょう。

家族とよく相談しておく

一人の場合は失敗して苦労するのは本人のみですが、家族や友人と移住する場合はそうもいきません。

自分はイメージどおりので生活ができたとしても同居者が「話が違う」と感じてしまったら生活はうまくいきません。

事前にお互いの考えをすり合わせして育児や介護などの将来を見据えて移住できる環境であるかよく相談しておきましょう。

私が沖縄生活で感じたデメリット

物価は安くない

実は沖縄県は、全体として物価が安くありません。

これは本土で生産されているものは輸送コストがかかりため少し高くなるからです。

そのため沖縄の気候で育たない野菜や牛乳は全国平均より高いです。

本土から移住者はこれまで使っていた調味料や日用品を使いたいという場合、移住前より高くつきます。

また、家賃相場も年々高額になっており、田舎の地域でなければ本土の地方都市と差はないくらい値段です。

交通手段が限定的

沖縄で生活するには「車」は必須です。

那覇などの都市部でなければどこに行くにも基本は車です。

そのため、朝夕や土日祝日の渋滞が凄いです。

20~30キロの距離でも時間帯や場所によっては倍の時間がかかることもあるので注意が必要です。

バスもありますが、ダイヤも限定的で時間もかかるのでお勧めしません。

すべての人にやさしい訳でない

旅行で沖縄を訪れると沖縄の人たちの温かさを感じると思います。

沖縄の人たちは確かに優しい。

でもそれは、身内や観光客に対しての優しさであり、移住者(よそ者)は違います。

沖縄の人たちは仲間意識がとても強いです。

身内や仲間をとても大切にする文化は素晴らしいものである一方、「よそ者」に対しては冷たい側面があります。

↑沖縄に限らずどの地域でも少なからずあるものですね

観光で訪れた際はとても温かく接してもらっていた分、いざ移住してみると態度が違うというギャップを感じてしまいがちです。

仕事をしていても県外出身者への対応が違うことはありますね。

でも逆に信頼関係が築ければとても心強い仲間になります。

沖縄移住のメリットは大きい

子育てしやすい環境がある

沖縄は子どもに寛大な方が多いです。

子どもの数が多いのもありますがどこに行っても子連れの家族がいます。

↑居酒屋だって子連れOKのところ多いですね

お店でダダをこねている子、大きな声を出している子、走り回っている子・・などなど

当然、親からは怒られますが、まわりの目は割と温かいです。

東京に住んでいた時の気まずさはありません。

決してマナー違反しても良いという訳ではありませんが、必要以上に神経質にならなくても良いので、親も子も気が楽です。

きれいな海が身近

きれいな海が身近になります。

天然のビーチ以外の海水浴場にはシャワー(有料)が設置されているとこもあるので気軽に海水浴が楽しめますよ。

年間の気温差が少ない

沖縄県は1年を通して気温差が少ない気候です。

 夏:日中30~32℃

 冬:日中18~22℃

沖縄の気候を良いと思うか悪いと思うかは人によって分かれますが、私はメリットが大きいと思います。

季節の変わり目に体調を崩しがちでしたが、気温差が少ない沖縄に移住してから体調を崩すことがほとんどなくなりました。

沖縄の夏は長いですが、内地みたいに気温が35℃を超える猛暑日になることはほとんどありません。

そして、冬服がほとんどいらないので衣替えも最小限で済みます。

特に子どもがいる家庭はすぐに小さくなってしまう子供服が少なくて済むので家計に優しいですね。

北海道に住んでいた時は30℃~マイナス10℃までの幅があって大変でした。

それに比べると沖縄はとても過ごしやすい気候です。

花粉症が無縁になるのも嬉しいです♪

自分の理想と現実をよく考えて移住を成功させよう!

沖縄移住のリアル、いかがでしたでしょうか?

このほかにも給料が安すぎる、仕事がきつい、人間関係がうまくいかないなど、移住には様々な失敗の要因があります。

どんなに沖縄での暮らし憧れていても、実際に暮らしてみるとイメージと違っていたり飽きがきたりで数年で帰ってしまう人も多いです。

逆に沖縄での生活にハマった人は沖縄が大好きになりますよ!

南国で楽しく暮らしたい!という漠然としたイメージだけではなく現実的な生活までよく考えておくことが移住成功のカギだと思います。

ぜひ沖縄移住の参考にしてみてください!

この記事を書いた人
IChi@

【いち@子育てブロガー】
家族:妻、長女(6歳)、長男(3歳)、次男(0歳)の5人
拠点:沖縄(移住歴:長崎、広島、北海道、東京)
楽天経済圏、FP保有、株式投資
育児とお金にお役立つ情報を発信中
⇒育児休業取得中
詳細はコチラ

IChi@をフォローする
ライフハック
IChiblog
タイトルとURLをコピーしました