【買って良かった】ベビーシューズは「アティパス」!!足に悪いって本当?

こんにちは!子育てブロガーのIChi@です。

子どもが歩き始めたら「ベビーシューズ」買ってあげたいですね!

我が家のお勧めは『アティパス(Attipas)』

靴下と一体となっていて便利で、デザインも豊富で可愛いです。

ところが、「アティパス」をネットで調べると「足に悪い」という検索結果がたくさんでてきました。

そこで今回は「アティパス」のメリット・デメリットを紹介します。

ちなみに我が家は一人目から三人目までみんなアティパス履いています♪

アティパスが足に悪いというのはウソ

アティパスが足に悪いという情報をよく調べてみると、実際に履かせている方の具体的な口コミや根拠は見つけられませんでした。

逆にアティパスは歩き始めの赤ちゃんの足の成長を考えられた「保育シューズ」だとわかりました

アティパスのこだわり
  • 裸足のような感覚で歩けるシューズ
  • 赤ちゃんの足を育てるシューズの形
  • 赤ちゃんのことを考えた7つのポイント
参照:アティパス公式HP

「アティパスは足に悪い」というのはデタラメで

本当は赤ちゃんのことを考えて作られたファーストシューズにぴったりのベビーシューズでした!

アティパスは世界30か国以上で愛される安心、安全のブランドです!

アティパスのメリット

我が家でも実際にアティパスを履かせてみて、メリットをたくさん感じました。

履くのを嫌がらない

ファーストシューズの場合、慣れないと嫌がって履いてくれません。

でもアティパスは靴下感覚で履けるので嫌がりません。

外出時も靴下を履かずにそのままアティパスを履かせるので手間がかかりません!

デザインが可愛い

アティパスは女の子も男の子もデザインが豊富です。

カジュアルなものからフォーマルに合うものまでデザインが揃っています。

履いた時のフォルムはめちゃくちゃ可愛いです!!

外出時に歩けるので楽

靴を履けるようになって助かるのがちょっとした時に子どもを地面に降ろせることです。

「ちょっと立ってて」ができると買い物や車の乗り降りも断然楽!

片手空けたい時に抱っこのまま暴れられると大変ですからね。

地面に降りた子供もいつも嬉しそうにしています。

軽くて持ち運びにも便利

アティパスはなんと片足約40gと超軽量。

子どもが歩くときに負担にならないだけでなく、履かない時に持ち運ぶ際にも便利です。

いつも車かベビーカーに1足入れています。

アティパスのデメリット

汗のにおいがこもる

アティパスは靴下と一体の形であるため、においがこもりやすいです。

裸足で靴を履いているみたいなものなので、普通の靴より高頻度で洗う必要があります。

アティパスは自宅の洗濯機で手軽に洗える

ネットに入れると簡単に洗濯機できるし、すぐに乾くのでマメに洗うようにしましょう。

冬場は足が冷える

アティパスは通気性が良くて素材が薄いので冬場は足が冷えてしまう可能性があります。

ソールも薄いので地面が石などで冷えていると余計に冷たさを感じるかもしれません。

公式サイトには、サイズに余裕があれば「靴下の重ね履きOK」とのことです。

雨の日や気温が低い日は要注意ですね

アティパスの販売店はある?

アティパスはイオンアカチャンホンポなどの店舗で購入できます。

実物を見たい人は店舗で確かめてみましょう。

⇒ アティパス取扱い店舗はこちら

でも店舗によって品揃えはバラバラなのでたくさんのデザインから選びたい方はネットからの購入がお勧めです。

新作のデザインをチェックしたい方はアティパス通販ショップがお勧めです。

⇒ アティパス通販ショップをチェック

Amazonや楽天でも買えます

\ お得に買うならAmazon・楽天/

ファーストシューズにアティパスはお勧め

靴を履くのを嫌がる子履かせても自分で脱いでしまう子にはアティパスがお勧めです。

歩き始める前から外出時に靴下代わりに履かせてあげれば、自然に靴が履けるようになります。

そして外で歩くことが大好きになります。

11ヶ月の長女

しかも可愛い。 ←これ大事ですね

我が家では3人ともアティパスからスタートしています。

アティパスで子どもとのお出かけを楽しみましょう!

⇒ アティパス公式サイト

タイトルとURLをコピーしました