「男の育休はいらない」を否定する

こんにちは!育休を取得取得予定のIChi@です

今回は、「男の育休はいらない」について書きたいと思います。

これからパパになる男性の皆さんだけでなく、是非、女性の方に見てほしい内容です。

男の育休不要論

自身の育休取得にあたっていろいろ調べようと思い、「男の育休」というワードでググったところ

「男の育休 いらない」

が上位で出てきてびっくりしました。

記事の多くは旦那が育休を取得した奥さんの意見です。

理由は多岐にわたりますが、そこ書かれている育休中の旦那の様子は、まさに

男の育休 いらない!!

を主張せざる得ないものでした。

では、なぜ、このような状況になるのでしょうか?

期待に応えられない男たち

結論は、世の旦那たちは「奥さんの期待」に応えられていないからです。

子供が生まれる前は、

うちの旦那は、掃除も洗濯もやってくれるし、料理も作れる。

育休も取ってくれるし、きっと育児も積極的にやってくれるはず!!

と淡い期待をしている奥様方も多いと思います。

しかし、恋は盲目です。

確かにしっかり家事をしている男性は世にたくさんいますが、旦那よりも奥さんのほうが家事をやっている家庭がほとんどではないでしょうか?

そんな旦那がたまに掃除や料理をしてくれたら、特別感が出て、うちの旦那は家庭に協力的と勘違いをしてしまいます。

そして旦那は旦那で「やってやったぜ!」と言わなくても思っています(笑)

ただ冷静に、そして客観的に考えてください。

・旦那がやってくれた家事は十分ですか?
・最初から最後まで旦那がすべてやっていますか?
・全体の家事のうちどれくらいのことをしましたか?

おそらくやってくれただけでも「嬉しい」とか「ありがたい」とかその程度のことが多いのではないかと思います。

私も自分ではよくやったと思っている家事でも、妻から「ここまでやって欲しかった」と言われることがよくあります。今でも。

中には「お願いしたときは完璧にやってくれる」って方もいるかもしれませんが、たまにやるから丁寧にやるのであって、毎回となるとクオリティが保てるか疑問です。

育休中にしっかり休む男たち

そんな旦那が育休を取ったからといって、急に家事が完璧にできるはずはありません。

そもそもよく考えてください。

奥さんも最初から家事がうまくできていたと思いますか?

料理も掃除も洗濯も、はじめはネットやSNSでひとつひとつ良いやり方を調べて試行錯誤しながら自分のやり方を確立しているだけです。

↑SNS見てるのは美味しいグルメ見てるだけじゃないんですよー

こういった女性の努力って男性は気が付かないんでよね。私もそうでした。

そう考えると家事をやってこなかった旦那にいきなり奥さんが求めるクオリティの家事をお願いしても無理ですよね。

もはや育休が始まる前から苦戦が予想されますが、当人たちはまったく気が付かないのが現実です。

その結果、いざ育休が始まってみると、家事も育児も

  • はじめはやってる感を出すが続かない
  • 中途半端な家事しかできない
  • 言われたことしかしない(やるべきことを自分で見つけられない)
  • いちいち聞かないとやり方がわからない

まったく使えない旦那にがっかりの連続です。

そして、あっという間に「戦力外」となります。

家族分の買い物すらまともにできないなんてよくあることです。

出産でヘロヘロな奥さんは、いちいち旦那に教える余力もなく、言い争う気力もなく、どんどん手が行き届かなくなっていく我が家の惨状を目の当たりにして、結局、自分でやることになるわけです。

しかも、家事がうまくまわっていないマイナスの状況を立て直すところから始まるのです。

そして、旦那は時間を余してゆっくり寝てたり、ゲームしたり、赤ちゃんの顔をぼーっと眺めたりして休暇を満喫し、そのうち育休を終えて仕事に帰っていきます。

きっと会社ではイクメンとして良い顔してます。

↑殺害動機としては、十分です。

旦那の育休が終わっても奥さんは変わらず育児・家事に追われる日々が続き、
ある日、ふと、冷静になった時に次のことに気が付きます。

  • 旦那がいてもいなくても一緒
  • いや、むしろ旦那いると余計なことを気にしないといけない
  • 旦那分の食事などで家事負担が増える

考えれば考えるほどにイライラが積もり、爆発して

「男の育休はいらない!!!」

となるわけですね。

子どもが生まれたときに旦那がやってくれなかったことは一生忘れません。

戦いは育休前から始まっている

もうお分かりだと思いますが、育休を効果的にするには「育休前」が大事です。

普段から家事分担している家庭ならこのようなことになることは少ないでしょう。

完全な家事分担ができないとしても一通りの家事は奥さんに聞かなくてもできるようになっておきたいですね。

一緒に住むようになったら

初めから家事について「一緒に調べて」、「一緒に考えて」、「一緒に覚えて」いけたら最高だと思います。

仕事で日常的な家事が難しい家庭もたくさんあると思いますが、覚える気さえあれば教えてもらうことができます。

やり方を確立するのは時間がかかりますが、やり方が決まっていればあとは覚えるだけです。

奥さんが時間をかけて確立した最善の手法を学びましょう。

↑絶対にケチつけないでください。ただ揉めるだけです。私もよく「こうしたほうが良くない?」と言ってしまいますが、奥さんが試行錯誤を繰り返した末のやり方ですので、教えを乞う気持ちが大事です。※ここ大事です!

一通りの家事がこなせて初めてスタートラインに立ったといえるところです。

多くの方がスタジアムにたどり着くことなく、育休を終えているかもしれません。

これが難しいと思うのなら旦那の育休に期待するのはやめておきましょう。

がっかりするだけです。

まとめ【前編】

この後の話(育児)をしっかり書きたかったのに長くなってしまったので、一区切り。

前編をまとめると

  •  育休不要論は「奥さんの期待」に応えられていないことが要因
  •  家事してない旦那が育休とっても家事できない
  •  効果的な育休を取るには育休前から一緒に家事をすることが大事!!



男性が家事・育児に協力的な家庭は、夫婦ともに幸福度が高いそうです。

世の奥様方、早いうちから旦那を調教して、家事レベルをあげて即戦力メンバーに育ててから出産に挑みましょう。


男性の皆さん、初めから家事を「一緒にやるか」、「教えてもらうか」今、決断しましょう。

もし今の時点で家事をやっていないのなら、あなたの「家事くらいできる」という考えはほとんど大きな間違いです。

続きは後編で育児についてです。

▼後編はコチラから

注)本投稿は、あくまで個人の所見であり、統計的データに基づくものではありませんし、私自身のことは棚にあげたうえでのはなしです。

タイトルとURLをコピーしました