【出生届】里帰り出産でどこに出す?《注意点解説》

こんにちは!二児のちち、IChi@です。

家庭の都合によって、里帰り出産を選ぶ方も多いと思います。

私も一人目のときは里帰り出産でした。

実際に準備を進める中で疑問に思ったのは、

出生届はどこへ何を提供すべき?

でした。

今回は「里帰り先で出生届を提出する方法と注意点」について解説します。

出生届の基礎知識

「出生届」とは、赤ちゃんが生まれた際、その子を父母の戸籍に記載してもらうための届け出のことです。

出生届を出すことによって

父母の戸籍に記載され、法律上、子供が生まれたこと」

が認められます。

出生届は役所の担当窓口で貰えますが 、出産する病院で準備してくれていることも多いようです 。

出生届の様式は全国共通で、オリジナルで作ることもできます 。

用紙は横長のA3サイズで、左半分が子供の父母が記入する「出生届」、右半分は出産に立ち会った医師または助産師が記入する「出生証明書」となっています。

出生届は赤ちゃんが産まれた日から14日以内に提出しなければいけません。

これは旦那さんの仕事でしょう。

出生届の提出先は?

出生届は、戸籍法により赤ちゃんが生まれた日から14日以内に

  • 赤ちゃんの生まれた場所
  • 本籍地
  • 届出人の所在地

の市役所、区役所又は町村役場に提出することができます。

提出期限が14日以内となっているので、早めに準備しましょう。

なお、受付時間帯は各役所によりますが、夜間・土日祝日であっても提出は可能です。

受付時間外に提出した場合には、その場で受理されるのではなく、翌開庁日などに担当職員が内容を確認できた段階で受理されます 。

里帰り先で提出する場合の注意点

里帰り先で提出する場合は以下の点に注意が必要です。

後日改めてする必要のある手続き

出生届は里帰り先の役所に提出することができますが、以下の申請は住所地でないと申請できません。

  • 児童手当
  • 国民健康保険
  • 乳幼児医療費助成
  • 未習熟児養育医療給付金

したがって、住所地に戻った際に後日改めて該当する手当やサービスを受けるための申請が必要になります。

代理人による届出・申請

出生届は、赤ちゃんの父親と母親のほかにも同居者や出産に立ち会った医師・助産師等に該当する方が提出できます。

しかし、そのほかの手当やサービスを受けるための申請には委任状が必要になる場合があるため、各担当の窓口に事前に確認したほうが良いです。

また、代理人が届出や申請をするときには、書類などに不備があってもその場で修正することが難しいため、何度も担当窓口に出向かなければいけません。

もし代理人に届出や申請を依頼するなら、書類や持参物に不備がないように細心の注意が必要です。

出生届の書き方や提出時に用意するものはコチラから▼

【旦那の役目】出生届の書き方・出し方《解説》
出生届の書き方と出し方を詳しく解説します。提出期限が短いので旦那さんがしっかり把握して提出することが必要です。いざという時に戸惑うことがないように事前に確認しておきましょう。

事前に準備しておこう

出産予定日はあくまで予定でしかありません。

赤ちゃんはいつ生まれるか分かりません。

焦って手続きを忘れたり、間違ったりすることのないように里帰り出産を決めた際には早めに

「何の手続きをいつするのか」

について話し合いましょう。

産後の奥さんは出産のダメージでボロボロですので、出生届の提出は旦那さんの仕事です。

事前に備えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました